2014年7月31日
株式会社博報堂 広報室

 博報堂は2014年2月3日より、未来の社会と子ども、教育のあり方を多様なステークホルダーと共に考えるプロジェクト「未来教育会議」(代表:熊平美香 事務局:博報堂)を発足、活動を開始いたしました※。
 このたび、地域社会と連携した教育モデル作りのパイロットプロジェクトとして、21世紀を幸せに生きるために必要なスキルを教育プログラムに盛り込んだ「ピースフルスクールプログラム」を、佐賀県武雄市立武内小学校(代田昭久校長)に導入いたします。今回の導入は、公立の小学校で初となります。

 ピースフルスクールプログラムは、教育先進国オランダで開発、オランダ国内約600校に導入されているプログラムです。建設的に議論して意思決定する習慣を学ぶこと、コンフリクト(対立)を子ども自身で解決することなど、子どもたちが21世紀を幸せに生きるために必要となる主体的な問題解決力を育むことで、子どもたちの心の成長や学習意欲の向上など、高い成果をあげています。
現在、未来教育会議実行委員会代表の熊平美香が代表理事を務めるクマヒラセキュリティ財団が日本での展開をすすめています。

 

※『博報堂、“教育”をテーマに対話し、新たな事業モデルを創出する 新プロジェクト「未来教育会議」を発足、参加企業を募集開始』
http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/16023
(2014年2月3日ニュースリリース配信)

 

→お知らせはこちらから(PDF)

 

【ご参考】

一般財団法人クマヒラセキュリティ財団
代表理事:熊平美香
教育と学習のイノベーションを通して、安心安全な社会の実現に貢献します。
第一弾として、オランダのシチズンシップ教育プログラムであるピースフルスクールプログラムの日本での導入に取り組んでいます。

クマヒラセキュリティ財団ウェブサイト         :http://kumahira.org/
ピースフルスクールプログラムウェブサイト    :http://peacefulschool.kumahira.org/

 

未来教育会議
未来の社会、未来の人、未来の教育のあり方を、多様なマルチステークホルダーで共に考え、共に豊かな現実を創造していくためのプロジェクトです。

公式HP:http://miraikk.jp/
Facebook
ページ:https://www.facebook.com/miraikyouiku

 

◆ピースフルスクールプログラムの様子